フラミ通信

ロードスターふらの北海道ミーティング (通称フラミ)に関するblog

***コメントはこちらから***

NDロードスターは高いか?安いか?

 NDロードスターの色々な情報が出てきてますが今回は価格にまつわることを中心に僕の思うところをつらつらと書いてみます。

 NDロードスターの価格が250万円からとの報道で一部で高いんじゃないの?との声が上がっています。僕はぜんぜんそうは思わないんだけどね。
 
僕は25年前にNA6のベースモデルにOPでAC、PS、PW、カセットチューナーなんかを付けて新車で買ったんだけど諸々で確か260万だったんだよ。下取り車あったけど。それでアルミ、CDは無しステアリングはウレタン、ミラーは手動。
 ベース車ではなくSPパッケージにしたら同じくらいでアルミとモモステ付いてきたかな(苦笑)。当時、ロードスターは決して安いクルマじゃなかった。
 僕なんてお金無かったからローン組んで無理矢理買った。ディーラーローンの金利も高かった(年利17~18%くらい)から銀行に話つけて融資してもらって長いローンでなんとか買ったんだ。
 DSC04244.jpg

 NDは25年経ったのにも関らずおそらく装備は当時で言うところのフル装備にプラスABS、DSCが標準装備で更にNAとは比べ物にならないくらいのアルミ部品多用で軽量化を図り、リアサスペンションはNA、NB時代のダブルウィッシュボーンからNCから引き続きマルチリンクを採用して250万くらいって事なんだからむしろ安いくらいだと思う。
 この価格を高いと言う人々は単に安物が良いと言う志向であるかNA6の装備を一切排したベースモデルの当時の価格170万少々と比較してしまっているか、もしくはNB、NCのバーゲン・プライスの記憶が強い方かのどちらかだと思う。
 前者に対しては僕だって貧乏人の代表として安いのは嬉しいが安かろう悪かろうでは納得できないのだ。
 例えばトヨタの天才タマゴ初代エスティマはエンジンを傾斜させほぼミッドマウントして重心を下げフロント・サスペンションはストラットであるがリヤはダブルウイッシュボーンを驕っていてワゴンらしからぬ乗り味だったが、モデルチェンジでFFベースになりリアの足回りはトーションビームになり天才タマゴの片鱗も無くなってしまった。ロードスターが低価格の為にそんな事をしたら僕は嫌だ。
 
 ライトウェイトスポーツ(以下LWS)は車体の軽さだけでなくサイフの軽さも要素とする考え方もあるがその論で言うとLWSの本場イギリスのLWSでもロータスカーは理想主義的に設計されているがサイフには厳しく、MGはサイフには優しいが理想からは目を閉じてコストダウンの為にありあわせの部品で仕立てられており、ロードスターはと言うと日本流のクオリティと流用部品を使った(余談ですがNAは様々なクルマの部品を流用しておりSAのRX-7の灰皿を流用しているのは有名な話ですが、そんな古い部品を引っ張り出したのはコストよりも演出を考えての事だと僕は睨んでいます。)コストダウンをしつつも理想を追い拘るべきところは拘った少々サイフに重いクルマであったと思う。

 「この車を手に入れるほんの少しの勇気があればきっと誰もが幸せになる」と言うNA当時のロードスターの僕も大好きな有名なキャッチコピーがあるが、その「ほんの少しの勇気」とは少々不便だったり他人の目と言ったLWSオープンカーのネガティブなイメージを受け入れる事を指しているのだろうけど、一般的な大衆車に比べて割高な価格を出す事も当然に含まれているのだと思う。
 
 僕はこの25年ほどで実に多くのオーナーカーを見てきたけど、実際にノンオプションのベースグレードに乗ってる人は中々いない。多くの人は何かOP付けるか、SPパッケージを手に入れてる。
 25年前ですら多くの日本人は新車を買うにあたりパワーステアリングとエアコンをつける事を当然とするほど贅沢になっていたのだ。結果170万円の簡素なベースモデルもエアコンとパワーステアリングを付けただけで230万くらいになりその他の贅沢も許せば250万円前後にもなりそれがボリュームゾーンだったと思う。
 この話とは別にNBとNCにはバーゲンプライスとも言えるモデルが存在していたのもNDが高いと思われる原因ではあるだろうけども、それはややこしくなるので今回の話ではNDは原点回帰という事で片付けよう(笑)

 内容を保ったまま多くの人が選ぶボリュームゾーンをコストダウンするにはそのゾーンをベースにする方法がある。その為、近年は例えばオーディオレス仕様を選ぶと逆に高くなったりという事も起こったりする。
 つまり今の価格設定で快適装備が何も付いていないスパルタンなモデルを設定すると逆に高くなる事も考えられるだろう。そのモデルはたぶん相当に売れないだろうから受注生産品になりコストがはね上がるからね。
 つまり極端な話フル装備ベースグレードのNDが250万なのにAC、PS、PW、オーディオを除いた特別なベース車が300万なんておかしな事になっても不思議じゃないと言う話。
 逆にその装備一切無し無しベース車を200万切る価格で出せるように設定すると多くの人が選ぶであろう装備を備えたモデルは300万円になってしまったりする可能性もあるワケ。

 NDは色々と見た目の作り込みが凝っているから勘違いしてそのせいで高くなったと思う人がいるのかもしれないけど、多くのアルミ材を使ったあのベアシャーシから覗ける部分と規制が変り付けなくてはならなくなったABS、DSCなどのデバイスによるコストアップ(それらはあまり目立たず多くの人には理解され難い)を色々な細かな工夫でコストを下げて下げきれない分を見た目の良さで勘弁してもらおうというクルマなんだと僕は思う。

 25年前、僕がロードスターについて新しいと思った事の一つはグレードと言う概念が無かった事だ。それまでは日本の車には車種車格の他にグレードというヒエラルキーがありそれを示すバッヂをこれ見よがしに付け、多くの人は上から二番目くらいのバッヂを手に入れようとしていた様に思う。
 ロードスターは当初それが無く僕はなんて潔い商売ッ気の無い車なんだと感心したのだ。恐らく開発陣はそれまでの価値観に意を唱える部分とこの車の購買層もそれを理解するスパルタンな物を好むエンスーが多いのではと思っていたのかもしれない。だとすると当ては外れ購買層も慣れ親しんだ価値観に縛られていた人が多かったと言う事か。かくしてロードスターにもグレードと言う概念が生まれて行った。つまりここでもNDは装備を時代に合わせた上での原点回帰と言え、その時代を作ったのは他ならぬユーザーでもある。

 さて、長々とNDロードスターの250万円からと言う価格は適正ではないかと言う事を書いたが、実は僕はこれで良いとは思ってはいない。

 僕は多くの人の勘違いを是正する為と、数少ないマニアの為と長年に渡り定着したヒエラルキーに対応する為にも政治的に大変に簡素な廉価モデルを最初から設定するべきだと提言したい。これはマツダのロードスターに関する姿勢を打ち出すイメージ戦略にも大きく関ると思うので最初から用意した方が断然良い。後出しでは姿勢とは成り難いからだ。

 具体的に僕が考えるモデルケースはクラブマン・ベース(仮称)。これは一切の快適装備を外してABSもDSCもエアバックも外す。ホイールもスチールで86のRCばりに色々と無しにしちゃう。それを実際はコスト的には合わないけど200~180万くらいで出す。但し公道使用をするユーザーには規制対象のものであるABSもDSCもエアバック等は強制オプションにする。ドーンとお金取って良い。それらにエアコンでも付けようものなら300万くらいになっても良い。あと、これはNR-Aにはしない事。
 これで万が一、買われたらコスト合わないけど大丈夫!そんなモデル滅多に売れないから!
DSC04243.jpg

 でもその滅多に売れない絵に描いた餅みたいなモデルを用意する事で「マツダはNDをNAに比べ同様の装備なら同価格で出しますよ。スパルタンなモデルやチューニングやレースを好むユーザーを大切にしています。」と主張できる。
 更に既存のヒエラルキーに馴らされた人々の納得を得易くなる。彼らが高いと言う気持ちになったのは最下層モデルが250万もすると言う受け取り方をした為だと思うのです。より安い簡素モデルを作ることで充実装備のモデルが250万で買えると受け取り方が変るのではないか?

 そして、「ヒララルキーに馴らされた」と言う言い方には若干の悪意を感じられるかもしれませんが(確かに少々あります。)これは見方によっては「自分で選ぶ」と言う事でもあるのです。欲しいのが一番ベーシックで250万でそれが一番安いのではなく、実際に250万円は結構大金なのですから「一番安いのを選んだら250万」と言う気持ちではなく、自分に合った装備のモデルを選んだら250万となるという形を取る事で高い買い物の満足感を上げていくことも、この価格帯の商品には必要なのだと思うのです。

 逆に2LのRHTの革シートの贅沢モデルはドーンと高くして利益率上げて儲けて良いと思います。取れるトコから取ったら良いのです。良い仕事をして儲からないじゃ世の中おかしいもんね。

 このユーザーが自分で選べると言う事は「Be a driver」にも通じてマツダの主張を後押しするものじゃないかなぁと思うのです。

 そして我ながらよくもまぁこんな駄文を長々と書いたもんだ!申し訳ない(苦笑)

------------------------------------

 さて近日の予定

●月曜日は夜9時からインターネットラジオでしゃべくりますよ!

毎週月曜夜9時から「エロチックロマンチックロック」

http://jbbs.livedoor.jp/otaku/5785/

スポンサーも何も営利が絡まないので好きな事しゃべります(笑)
パソコンやスマホの他、機種によっては携帯電話などでも聴けるので良かったら楽しんでね!

●ほぼ毎週水曜日はROCK'sスタッフ・ミーティング!
T's-garageで悪巧みしてます!
フラミとROCK'sが好きな人ならどなたでも参加オッケー!
お時間取れる人は事前連絡の上遊びに来てね。
今期のスケジュールやフラミなど色々楽しく考えますよん!もちろん世界征服も!

●3/14(土)21時~ROCK's定例ミーティング。
盛り上がっちゃいましょう!そして色々とひみつ計画を立てましょう!

●2015年9/12(土)~9/13(日)フラミこと「ロードスターふらの北海道ミーティング」

●「プロジェクトROCK's」DVDの販売!
フラミ2012をベースにスタッフしか知らない秘蔵映像と撮卸映像も交えたロードスターやフラミが好きな人はもちろん、どちらも良く判らない人も 笑って感動できる愉快な作品!
フラミでも公開した映画「Show Must Go On !」の特典映像として収録されています。
価格は2000円!二本観られてお得ですわよ!

●「フラミ2011」DVDも販売中! 
あの長畑画伯の素敵なロードスターポストカード2千円を買うと今なら「フラミ2011」のDVDがオマケに付いて来ちゃう!
涙アリ、笑いアリ、感動大アリのフラミDVDは見逃せないよ!

●言わずと知れたとっても愉快なロードスタークラブです。スタッフも大募集中!
ロードスターが好きなら誰でも入れます。
ROCK's
http://www.rock-s.info/

●ガレージベリー、マルハモータース、オプティマバッテリー、ロードスター箸置き、等T's-garageで取り扱いしています。
パーツ購入ご相談はお気軽にどうぞ。

それと、ちょくちょく送っているROCK's通信を配信希望で届いていない方は連絡下さい。

フラミことロードスターふらの北海道ミーティング公式サイトのフラミ通信では若干写真大目で同じ内容をアップしてます。

http://furami.rock-s.info/


「HAPPY」も「風は西から」この二つの動画は自由にアップして下さい!
スポンサーサイト
  1. 2015/03/05(木) 03:11:28|
  2. takuya!

FC2Ad